• TOP >> 

大阪と言えば食い倒れの町として、古くから豪華な食事があり人々の活気で満ち溢れている場所です。 最近では、大阪を舞台にしたドラマの影響で、食材を余すことなく使い切る、始末の料理というイメージが定着してきたようです。 そのせいか昨今では、これまで定番の観光名所だった大阪城、通天閣、ユニバーサルスタジオジャパンだけではなく、天神橋筋や中崎町、黒門市場など大阪の食文化や昭和レトロに触れる地を観光する人々も増えてきました。 また、柱がない駅が多い大阪市営地下鉄の駅巡りも、鉄道ファンにはひそかなブームを呼んでいます。 そして大坂城開城以来、堀が張り巡らされたことから水辺の町として親しまれてきた大阪市内では、昨今、大川や土佐堀川、道頓堀川などを遊覧船や水陸両用船で観光名所を巡るのが人気です。

それに、お笑いの町としても名高い大阪では、なんば界隈では毎日のように公演が開催されています。 このように大阪市内中心部だけでも、多種多様な楽しみ方があるのです。 そして、観光名所として楽しめる地は大阪市内の中心部だけではありません。 少し時期尚早かもしれませんが、現在府内には世界文化遺産登録を目指し、リスティングされている地もあるのです。 日本を代表する世界遺産の千年の都、京都よりもさかのぼること3世紀から5世紀も古い大阪の史跡群は、歴史的、文化的価値は十二分に有しています。 世界的に観光資源の町おこし的な登録が相次いだせいか、今後ユネスコでは審査を厳しくするようですが、それでも希望は持てるでしょう。 それが、百舌鳥・古市古墳群と呼称されている巨大な前方後円墳などを含む史跡です。 仁徳天皇陵と応神天皇陵ぐらいは、小学校や中学時代の教科書に載っていたことを、覚えている方も多いでしょう。

これらの史跡は大阪市南部や、羽曳野市、藤井寺市、堺市に跨るエリアに集中しています。 そして、最近の文化人が表紙を飾るお札が浸透しきっている昨今、多くの方が忘れかけているのが、かつての万札表紙を飾った聖徳太子です。 なんとなく奈良というイメージをお持ちの方も多いでしょうが、実は太子陵は大阪府東部の太子町にあります。 その界隈にも、教科書で一度は耳にした古代の歴史的人物の陵が数多くありますので、史跡観光の宝庫と言えるのです。

食べ道楽や朝ドラ所縁の地巡りを中心とした大阪市内巡り、世界遺産先取りの古墳巡り、聖徳太子所縁の地巡りといった、これまでの大阪の定番ではない観光の楽しみを堪能すれば、仕事の面でもメジャーなものからマイナーなものまで、時給の相場も高めに設定されているので大阪に住みたくなること間違いなしです。 女性であれば、風俗がオススメできますが、その理由は時給が高いだけではなく管理が徹底しているということです。 こちらの大阪風俗の求人情報は実際に書いてあることに何一つ嘘がありません。 他の街で風俗を経験された方のなかには、やっていくうちに最初に話していた条件と違ってきたとか、問題のあるお客さんがきたとかで嫌な思いをしたなんてこともあるのではないでしょうか。 一度嫌な思いをしてしまうと、またやってみようとはなかなか思わないかと思いますが、大阪ではその基本がしっかりしています。 ただし、これだけは分かって頂きたいのが全てのお店が優良店という訳ではないのでしっかり見極めることが大切です。 どの街にも良いお店はありますが、大阪はその割合が多いので見つけやすいでしょう。 約束通りのお給料に約束通りのルール、そして最近では親や彼氏にバレたくない人の為にアリバイ対策をしてくれるお店まであります。 この状況で働かない理由が見つかりません。